サービス

 

2021年 最新

持続化経営レポートを

公開中

画像のタイトル
画像のタイトル

画像の説明文です。クリックしてテキストを編集してください。

press to zoom
1/1

2021年

持続化経営レポート

​許認可

 

許認可は、5つの種類に分類することができます。

『届出』『登録』『認可』『許可』『免許』の5つです。

当事務所では、

業種に必要な許認可のアドバイスを通して、

許認可が顧客の信頼を得るために不可欠な要素である点を田

を解説し、許認可取得へと進めていきます。


1・既に事業を開始している
2・これから事業を開始する
3・多角化経営を見据え許認可だけ受けておく

 

1・2・3・どのステップの方でも許認可に関して

何でも遠慮なくご相談ください。

​ビジネスモデル構築

 

許認可と資金調達はビジネスを営み継続するために不可欠なプロセスです。

当事務所では許認可や資金調達を経た方にビジネスを継続するスキームを提言しています。

許認可を通して顧客に信頼を得て、資金調達によりビジネスを軌道jに乗せるには継続して利益を生み出せる仕組み=ビジネスモデルが必須です。

 

ビジネスモデル構築に向けて、当事務所では、

・市場規模

・競合状況

・販売方法 を精査しビジネスを1年から3年継続させながら

利益を生み出す仕組みを見いだしていきます。

​資金調達

 

資金調達とは、事業に必要な資金を外部から調達することです。

資金調達が必要になるケースは
 

1開業する時
起業する時や新規事業を立ち上げる時には、資金が必要となるケースが多いのですが、当事務所では、事業内容によって必要な

費用、例えば家賃・光熱費などの運営コストを軽減する

ビジネづモデルを提唱し、事業を始めたばかりの経営をサポートします。

2事業を拡大する時
拡大する事業の規模に応じて資金を投入する必要が

考えられるか、どうかを、当事務所では、

市場規模などを精査し、適正な資金すべき額を提案します。

3運営資金が不足する時
継続的に安定した利益があっても、なんらかのアクシデントで

運営資金が確保できなくなる可能性もあります。

当事務所では、適切な額の資金調達をお話し、

今後運営資金が不足しないビジネスモデルをフィードバックします。

​経営サポート

 

ビジネスの最終目的は、持続可能なビジネスを構築し、ビジネスを継続させることです。

当事務所では、持続化を最優先課題に掲げ、

許認可、資金調達を経たビジネスがマーケットの支持を得て、

それが売り上げにリンクする仕組みを通じて、

ビジネスが環境に負荷を与えず、

経営が持続化できるためのサポートを実施します。